消費者金融 申込み 窓ロ


アイフル


プロミス


SMBCモビット


消費者金融で借り入れることができる金額

ネットやテレビでも広告表示されるようになった消費者金融は、身近な存在になりつつあります。オンライン上で申し込みの手続きが完了するので、利便性も高まっています。
そんな消費者金融には利用限度額が設定されていて、いくらでも借りれるわけではありません。申し込み時に借入希望額を入力しますが、必ずしも希望通りにはいきません。その理由としては、総量規制という制度が関わっています。

総量規制の制度では、年収の3分の1を超える貸し出しを禁止しています。いくつかの消費者金融から借り入れがある場合には、その金額も合計されます。総量規制の制度がなかった時代には、返済不能に陥るケースが多く社会問題にもなりました。
これに加えて消費者金融独自の判断によって、年収の3分の1の範囲内で利用限度額を設定します。利用限度額に達するまでは、基本的には何度でも借入や返済ができます。しかし、あまりに頻繁に借入したり滞納を繰り返すと、利用限度額に達していなくても借り入れできなくなります。消費者金融の信用が回復するまでは、返済専用のカードになってしまいます。

消費者金融を利用するにあたっては、金利の高さが気になります。銀行系のカードローンに比べると、一般的に消費者金融の金利は高い傾向にあります。また、利用限度額が高くなるほど、金利は低く設定されています。希望借入額を総量規制の範囲内で高く設定しておくと、金利が低くなり返済額が少なくて済みます。