安中水道 水道事業の紹介 水道事業の概要 水道施設の紹介

Copyright © All Rights Reserved.
安中市>安中水道TOP>水道事業の紹介>水道事業の概要>水道施設の紹介(ダム)  サイトマップ
中木ダム(妙義湖)
所在地             安中市松井田町五料字中木地内
総有効貯水容量       160万m3
有効貯水容量         135万m3
集水面積           13.1km2
構造               重力式コンクリートダム
竣工               昭和34年

中木ダム

中木ダム(妙義湖)
中木ダムは、群馬県が灌漑用水を目的として昭和29年から昭和34年までの6年の歳月をかけて建設されました。その後、昭和54年に当時給水区域の拡張を進めていた碓氷上水道企業団(現・安中市)が新たな水源として買い取り、水道専用の利水ダムとして重要な役割を担うことになりました。そして、ダムの水を水道用水として利用するために、安中市郷原の碓氷川沿いに久保井戸浄水場が建設されました。また、中木ダムは、台風などで大雨が降り洪水となったとき、ダムで水をため込み、下流への放流を調節して流域の洪水被害を軽減しています。

中木ダム ダムカード

安中市では、中木ダムについてより知っていただき、水道事業に対する理解を深めてもらうため、中木ダムダムカードを配布しています。
ダムカード配布場所 群馬県安中市安中2-11-24(谷津庁舎)
配布日時 平日8:30~17:15
(上記時間外および土・日・祝日・年末年始は
配布していません。)
※ ダムカード配布場所とダムは離れていますのでご注意願い